トーケンホーム株式会社

省エネ性能表示BELS

BELSは省エネ性能表示の努力義務に対応した住宅を格付けする唯一の第三者認証制度です。

建築物省エネ法(正式名:建築物のエネルギー消費性能の向上に関する法律)第7条により、2016年4月から、不動産事業者等は、新築・既存を問わず販売または 賃貸を行う住宅・建築物には、省エネ性能を表示するように努めることが求められます。 また、同法に基づく表示の指針により、不動産事業者等は、その販売または賃貸時に住宅・建築物の省エネ性能を説明することも求められています。
BELSは、建築物省エネ法の省エネ性能表示の努力義務に対応した住宅・建築物を格付けする第三者認証制度です。
CASBEE等の環境性能を総合的に評価するツールに対して、建築物の省エネルギー性能に特化した統一的な公的指標としては我が国で初めてのものになります。 CASBEE等の総合的な評価ツールが省エネルギー性能だけでなく、環境性能に関する幅広い項目から総合的に評価することに比べて、 BELSは非常にシンプルで分かりやすい評価指標になっています。

BELSの評価ランク

BELSは、国が定める建築物エネルギー消費性能基準に基づく一次エネルギー消費量から算出されるBEIの値によって評価されます。 対象建築物のBEIの値が表の数値以下であれば、その☆の数の評価が得られます。一次エネルギー消費量とは、建築物で用いるエネルギー量を一次エネルギーに熱量換算した値です。
BEI値とは家電・OA機器等分を除いた「設計一次エネルギー消費量」を「基準一次エネルギー消費量」で除した値のことです。
BEI値が1.0以下であれば省エネ基準に適合していることになり、数値が小さいほど省エネ性能が高いことを示します。
「設計一次エネルギー」とは、評価対象となる建築物の設計仕様に基づいて算定した一次エネルギー消費量です。 また「基準一次エネルギー消費量」とは設計一次エネルギーの算出と同様の建築条件、計算条件のもと、外皮・設備に標準仕様を採用した場合の一次エネルギー消費量の値です。

基準適合認定マーク

省エネ基準に適合している住宅・建築物の所有者は、建築物省エネ法代6条に基づき、省エネ基準に適合している旨の所管行政庁による認定を受け、 基準適合マークを表示することができます。
事前に、民間の登録者省エネ判定機関等による技術的審査※を受けることにより、行政庁による認定がスムースになります。
BELSと併願申請のの場合は、割安な料金で技術的審査を受けることができます。
このマークは、既存の住宅・建築物を対象にしているため、新築の場合は、竣工後でないと行政庁の認定は受けられませんが、技術的審査は先行して受けることが可能です。 (適合証交付は検査済証交付後)
また、法施行の際(H28.4)現に存する住宅・建築物の場合は、BEI値が1.1以下であれば認定の取得が可能です。
※技術的審査の適用可否は、それぞれの所管行政庁に事前にご確認ください。

BELS評価書

  • サロン情報
  • テクノストラクチャーの家
  • パナソニックビルダーズグループ
  • Living Bell
  • LONG&SMART
  • ツムギエ
  • CUBE
  • フォルカーサ
  • Instagram
フリーダイヤル0120-973-054